都市樹木害虫防除検討会

平成27年度の都市樹木害虫防除検討会が12月3日、木曜日に市役所で開かれますが参加されないのですか、と市民の方からメールを戴いた。緑と花の課さんに問い合わせると、長田課長が13時から15時まで市役所の202会議室で開かれること、緑と花の課さんと共同研究されている金沢大学自然科学研究科理工研究域准教授の津野展子先生のお話が中心で大変興味深い内容であること、他の委員の先生方も優れた実績をお持ちの方や、地域の実情をしっかりと認識しご対応されておられる方と伺い、傍聴させて下さいとお願いした。都市樹木害虫といえば、代表的なものはアメリカシロヒトリ。ここ3年間は減少傾向にあるとのことで、理由ははっきりしないが気候状況が大きいのでは、また、樹の幹についている苔を取り払う越冬しない工夫が功を奏したのでは、と長田課長がレクチャーしてくださった。また、健康や環境への配慮から薬剤での防除は、最近はほとんどせず、基本的に見つけたら捕殺しているとのこと。また、実験的に剪定時期を冬から夏にずらしてみたりもしているとのこと。

検討会への傍聴希望の方は、緑と花の課さんまで。身近な虫のこと、一緒に勉強しませんか。なんだか面白そうですよ!