「ストップ気候危機!自治体議員による気候非常事態・共同宣言の会」の全国統一アクション

明日から、G7(主要7カ国)首脳会議がイギリス南西部のコーンウォールにて開催されます。民主主義を標榜する国々で構成された会議なので、覇権主義的な動きをみせる中国に対しての懸念が表明されるであろうことが既に報道されています。

また、先の環境サミットに続き、気候変動の動きを世界的にどうやって対処していくかも検討し、声明が出されることも予測されます。

そのような状況で、全国の超党派の有志地方議員で構成されている「ストップ気候危機!自治体議員による気候非常事態・共同宣言の会」では、全国各地でスタンディングアピールをしようということになりました。金沢市議会では、自分と喜成議員がその会に参加しているため、金沢市役所前にて、午後0時半から、30分間PRさせていただきました。

記者クラブへ連絡する余裕はなかったのですが、北國新聞の記者が2人揃って来てくれました。細かな動きに対してもアンテナを張っておられることに驚き、感謝申し上げました。(記事になるかは別ですが)

京都から来られたカップルの女性が、京都でもやってます。私も最近なにかしたいとの思いから鴨川の清掃活動をはじめました。と話してくださいました。

道行く人は決して多くはありませんでしたが、タイミングよく、金沢市の環境局の局長が歩いていかれたり、市長の車も通過されたりと、ほんの少しの時間でもやってよかったと感じました。

それにしても、とにかく暑かったです。皆さん、これから更に熱くなります。熱中症にはくれぐれもお気をつけください。

忙しい中、一緒にスタンディングでPRしてくださった喜成議員、ありがとうございました。写真を撮るために駆けつけて参加いただいたYさん、ありがとうございました。

皆様のご意見をお寄せください。